February 27, 2008

ライフプラン

少し前にFPの方から、話を伺う機会がありました。
お金と上手く付き合うために重要なのは2つ。

 現状のお金の流れを把握すること

 今後のお金の流れを予測すること

その“今後のお金の流れ”を予測するのに必要なのが「ライフプラン」だそうで。

ライフプランとは「長期の人生計画(生涯生活設計)」のことです。
住宅取得、子供の成長、老後の生活、家族の夢・・・。
それを年表のように書き込んでいって

その時々のイベントや出費を予測していくものです。

実はそのかなり前から「ライフプラン」は気になっていて、
日本銀行広島支店に行って、ライフプランに関する小冊子ももらってきてました。
しかし、記入が面倒くさかったので全く手付かず・・・。

なんとかせんといかんよなあ、と焦りがチリチリ・・・。



そこで夫の保険の見直しも兼ねて、
ソニー生命のライフプランナーへの相談を思い立ちました。
生命保険のパンフレットを色々取り寄せてみて、
気になっていた会社でした。

本格的なライフプランを作るのは色々と計算が面倒です。
年金とか公的補助とか物価少々率とか難しそうなので、
ここはプロにお任せした方が楽かなと思いました。

実際、ライフプランナーの質問にいくつか答えていくと、
パソコン上に我が家のライフプランがあっという間にチュルチュル〜

我が家の場合、私が早急に収入を得ないと、
子供の大学進学時に家計が大変なことになるそうです。
赤字を通り越して借入が毎年増え続け、
子供が独立後もそのままマイナスで経年・・・。
老後も・・・。

薄々気付いてはいましたが、
棒グラフと折れ線グラフの推移でドカンと現実を突きつけられてかなり凹みました。

それから「ご主人様に万が一時」に備えが足りないことも理解りました。
住宅ローンは団信でチャラにしてもらって、公的補助を受けたとしても
子供3人抱えてやっていくのに不十分だということでした。
至急夫の保険を検討しなければいけないということで、
早速見積を依頼しました。

ライフプランを実際に作成したことで、
私達夫婦は子供達の教育資金の捻出を最優先課題として認識しました。
子供独立後も夫が若いですし、住宅ローンも終わっているので
そこから老後の備えを考えても遅くはないということらしいです。
こんな時だけ、夫が若いことに感謝!!

お金のことは「なんとかなる」んじゃなくて「なんとかする」ものだと痛感しました。
ライフプランは絶対にオススメです。
お金の現実から目を逸らすことなく、
向かい合って、立ち向かって良い方向に持っていかねばいけません。



sen_mama at 22:46│Comments(0)日々のオススメ? 

コメントする

名前
URL
 
  絵文字