September 20, 2009

ここにいること

高校2年生の時、
クラス対抗球技大会(いわゆる“クラスマッチ”)でのことです。
ちょっと前に夢に見たのでなんとなく書いてみます。


女子の種目はバスケット。
相手チームにバスケ部はおらず、
まあまあ、それなりにプレーしておりました。

で、何かのはずみで
相手チームの女子が前のめりに倒れるのに
一緒に巻き添えくって後ろに倒れて後頭部をグワーン・・・。
要するに私がどんくさかったわけですが。

即、ひきつけを起こしました・・・。
救急車出動の大騒ぎになりました。
近くの病院でレントゲン撮って、
「左後頭部頭蓋骨骨折」が判明。
後で聞いたんですが、15cmにわたる大きな骨折だったそうで。

その後すぐ大きな病院へ行ってCT撮って、
色々検査されたらしいんですが、
その間も、意識は戻らず・・・。


母親は「今夜が峠です」とか言われたらしいです。
このまま意識が戻らないと・・・、って。
とか言われつつも、夜中ちょっと過ぎに意識は戻りました。

ぼんやりとした意識の中で、
隣の患者さんのモニターが
「ピッ、ピッ、ピッ、ピッーーーーーーーー」とか鳴ってぶったまげました。
必死でナースコールのボタンを押して、
「すいませえええええええええええん(泣)」。

で、翌朝の検査の結果は異常無し。
意識が
戻ればもう大丈夫ということで、
午前中には退院。


生きてます、おかげさまで。
時々、あの病室での光景を夢に見ます。
意識が無かった間にお花畑を見たとか、
向こう側で誰かが呼んでいたとか、
特に何かあったわけではないのです。

が、あのまま戻って来れなかったかもしれないと思うと、
やはり“何か”に生かされている自分についてふと。
今ここにいることをふと。


ただ、この「左後頭部頭蓋骨骨折」の後遺症に後々になって
苦しめられることになるんですね。
若さゆえ、定期検診もおろそかにした罰です・・・。



sen_mama at 00:21│Comments(0)徒然に過去話 

コメントする

名前
URL
 
  絵文字