February 07, 2011

逆に行っちゃった結果

ふらふらと徒然に
昔付き合っていた人達のことを思い出していたら、
面白い事に気が付きました。

振り幅というか、
いつも“端っこ”と“端っこ”を行ったり来たりしてました。
いつも間を揺れて揺れて「定まることを知らず」・・・。


男性のタイプが
別離れると次の人は毎回その逆タイプ、
そしてまた次はその逆タイプになっているのです。

軸が毎回微妙にズレていくので、
次の“逆”で元には戻らず、次の人、そしてまた次の人・・・。


背が高い人の次は低い人。
お金持ってる人の次は貧乏してる人。
真面目な人の次は浮気性の人。
女性の扱いに慣れてる人の次は無骨な人。
チャラ男の次は真面目男。

不思議なもので、
毎回別離れる時に反動がついてしまうのか、
意識してか無意識なのか。


夫と結婚してしまったのは、
「反動」が付き過ぎたせいだと思ってます。

夫の前にお付き合いしていた人は、
背が高くてガッチリした熊のようでした。
結婚願望が全く無くて、
金銭感覚も現実的でない人でした。
懐の深さは深かったんですけどねえ。

夫はその真逆で、
いわゆるチビでガリガリで猿のよう。
結婚願望がやたら強くて、
“結婚前提”で交際が始まりました。
金銭感覚もガッチリ現実的でした。

そこでついうっかり交際が始まって、
交際期間半年ちょっとのスピード婚。
で、結婚してから気付いた「懐の浅さ」・・・。


ま、そういうことで、
つまらない昔話です。
お付き合いさせてしまってスミマセン<(_ _)>



sen_mama at 23:51│Comments(0)徒然に過去話 

コメントする

名前
URL
 
  絵文字